ALWAYS 3丁目の夕日

今さらですが、昨日録画しておいた

「ALWAYS 3丁目の夕日」を見ました。

 

ご存知の方も多いと思いますが、昭和33年の時代を舞台に

家族愛を描いた作品です。

作中の中の昔の町並みはともて親しみがありました。

今ではご近所さんとの関わりが薄くなっていますが、

ご近所さんとの関わり、助け合いなど心温まるシーンが多くありました。

中でも堀北真紀さん演じる六子は青森訛りの話し方からも

非常に親近感の持てる役でした。

ボーナスの代わりに青森行きの往復キップをもらい、

実は親が六子の事をとても気にしていたとわかり、

六子が手紙を抱きしめながら泣くシーンは

思わず涙が出てしまいました。

 

TVでは続編を放送していたのですが、録画し忘れてしまったので

DVDを借りて続編を見ようと思います。

また、時間があれば現在放映中の新作も見ようと思います。

まだ見た事がない方にはお勧めの作品です。

 

まったく関係ありませんが、現在放映中の「アフロ田中」。

漫画を全巻持っていますが、とてもくだらない男の願望、欲望を

描いた面白い作品です。良かったら是非こちらもご覧になって下さい。