センゴク 仙石 戦国

現在ヤングマガジンに連載中の「センゴク天正記」をご存知でしょうか?

戦国時代の武将、徳川家康の家臣、仙石権兵衛秀久(以下ゴン)の一生を描いた漫画です。

有名な武将ではないですが、一武将の視点からの戦国時代はおもしろいです。

 

物語の始めは、織田信長が美濃の斉藤道山を攻め落城寸前のところから始まります。ゴンは斉藤家に仕える身で、敗戦後信長の配下となります。

そして豊臣秀吉(当時は木下藤吉郎秀吉)の部下となり、激動の戦国時代を駆け抜けていきます。

ゴンは秀吉の寄騎として戦場の最前線を駆けていきます。

勝ち戦だけではなく、負け戦もしっかりと描かれてます。

 作者が実際に戦場だった地を訪れ、色んな文献を調べ歴史とは違う独自の視点での展開もあります。

中でも「金ヶ崎の撤退戦」は壮絶でした。

ボロボロの状態での逃走、生きる為の必死さ。すごく生々しいです。

歴史の勉強にもなりますし、お勧めですよ!!

現在コミックスでは毛利家との戦いの直前です。

歴史好きな方は是非ご欄になって下さい。