The Billabong Pipe Masters in Memory of Andy Irons

どうも、アウダーのババちゃんです。もう12月ですね。12月8日(土)から始まるビラボンパイプラインマスターズ今年最後を締めくくるハワイ最大のビックイベントが今週から始まります。

 

「ビラボンパイプラインマスターズ」は、サウス・アフリカ、タヒチ、スペインといった場所でビラボンによってスポンサーされ開催されているASPワー ルド・ツアー・メンズイベントのシリーズ最終戦。そして、このパイプラインで2012年のワールド・チャンピオンと2012年のトリプルクラウンチャンピオンが決定します。

「ハワイに来て、ノースショアで自分自身を証明する。それは全てのサーファーが夢見るものである。そして、パイプマスターズはそのすべての中心にある」

パイプラインマスターズに勝つということは、賞金340,000ドルと価値あるASPワールドツアーレイティングポイントを手に入れるだけでなく、サーフィンというスポーツの中で最も名声のある業績の1つなのです。

「パイプラインでの勝利に値するものは何もない。それがサーファーとしての全てを示す」と元パイプラインマスターの地元ハワイアンのジェイミーオブライエンが言います。

 

そして今年は誰がパイプラインマスターになるのか、今から楽しみでしょうがないです。サーフィンをやる人、やらない人、関係なしにこれぞプロサーファーの生き様、その迫力は伝わると思います。

若くして亡くなってしまったハワイのスーパースター故アンディアイアンとケリースレーターの名勝負 劇的な結末に今でもこの映像を見ると鳥肌が立ちます。