北斗の拳 ラオウ

こんばんは、アラサーです。

 

最近、大好きな「北斗の拳」を読み返しました。

 

今さら説明はいらないと思うので大好きなところを書きたいと思います。

 

①レイvsユダでのレイのマミヤに対する熱い思い。

 

②悪者と思っていたシンが実はユリアを守る為に、あえて汚名をかぶった

 その心意気。

 

③シュウの慈愛の心。

 

④善人トキ。

 

⑤ラオウ最期の瞬間。

 

北斗の話だけで1晩は語れます。

登場人物はみな熱い男達です。

読めば熱くなる事間違いなしです!!

時間があれば、是非呼んでみて下さいね。

 

それでは、我が生涯に一片の悔いなし!!